読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の中

私の妊娠経験を書いてます。「初めに」をご一読下さい。

たぶん反動(千春⑫)

そろそろ夕飯用意するかな、という頃。
ずーっとスマホで人工死産のことを読む私に、主人が「ずっと悲しいお話を読んで、つらくない?」
何もする気の起こらない私は、ただひたすら似た経験をした人や、これから私が経験することを既にされた人の話を読むしか、知るしか、共感するしか、できませんでした。
「うん、つらくない」

家族のお弁当に使うブロッコリーの下処理をしているときから、気分が悪くなり始めました。
夕飯は手間がかからない簡単なメニューの日だったのですが、どんどん気持ち悪くなる。
ブロッコリーを見て、ぽんぽんちゃんのために茎も煮てサラダにして食べようとした日を思い出しました。
夕飯の焼いていた餃子をみて、肉餃子じゃなく野菜餃子を選んだことを思い出しました。 少しでも野菜を、という思いから選んだのです。

目が回るような気持ち悪さ、そもそも自分はお腹はすいてないし夕飯はもう少し後にしよう・・・。
涙も出てきた。
なんとなく昼間、寝室で気持ちを切り替えようとしたのが早すぎたのかなと思いました。

「ごめん、先に食べてて、休みたい。」
と、主人には悪いけど、半ば泣き始めた状態で寝室に向かいました。

やっぱり、切り替えが早かったようだった。
次から次へと、切り替えようと押さえた気持ちが沸きあがりました。
わめき散らして、お腹の子に謝り続けて、泣き疲れるまで繰り返しました。しょうもないタラレバを空想して、窓から飛び降りるとか、現実から逃げることを考えたり、そしてまたお腹をさすりながら謝り続けてました。

気づいたら泣き疲れて寝ようとしている自分がいました。
そして、さきほどの気分の悪さはすっかりなくなっていました・・・。心を抑え込むような切り替えの仕方による反動だったのかな。

主人が様子を見に来てくれて、また2人で色んな話をして、お風呂に入りながらずーっと話をしました。