心の中

私の妊娠経験を書いてます。「初めに」をご一読下さい。

違和感(千春⑤)

12週目の検診と16週目の検診の先生(A先生とします)は、この産院で初めて連続した同じ先生でした。
この産院は担当制ではありませんので、産科と婦人科と分かれている中で、更にその科で同じ先生になることは、初めてでした。
私は12週目の検診で、A先生に違和感を覚えていました。このときは全く説明がなかった。ほかにもありますが、要は態度が医者としておかしくないか?(すみません・・・)という心象の問題ですので省きます。

16週目は、ここは頭で、今は逆子だけどこの時期は動き回ってるから大丈夫、これは足の骨ね、と前回と打って変わって口数の多い説明のある内診でした。

20週目の検診後、腎臓の疾患は胎児エコーで見つかりやすいと帰宅してから知りました。
中期胎児ドックの先生のお話で、「これだけ腎臓が腫れてるなら、1ヶ月前の検診で分かる人が見れば気づけたかもしれない」
この言葉で、A先生に不信感を抱くことになりました。20週目の検診の先生は、腎臓を見ました。

A先生は、見たの?12週の態度がチラつきます。
16週で腎臓には一切触れていない。
疾患が見つかりやすい、疾患の頻度が高い臓器なのに、そもそも見てないんじゃないのか?

そもそも産院で指導してないわけないよね、黙って説明なしにエコー写真と案内用紙渡すだけの態度は目を伏せるよ、でもこれは見落とし・・・?

16週で見て分からないなら仕方ないです。
分からないものは分からない。見るのは難しいんだ、エコーだから。
しかしそもそも見てないなら?
1ヶ月ちかく千春はまさか、無駄に苦しんでいるわけじゃないですよね。
もしそうなら、親として怒りが沸きあがります。
確率のせいで私たちの子供が「自然淘汰」になる理由よりも、私はこのことが知りたかった。

広告を非表示にする