心の中

私の妊娠経験を書いてます。「初めに」をご一読下さい。

手術後(千秋⑥)


だっこしたかったな


手術後の身体の回復は良好でした。
約ひと月後の生理がくることを祈りました。
仕事を辞めたので主人の扶養に入りましたが、年内は休んでていいよと主人が言ってくれました。
父も、ゆっくりしなと言ってくれました。
我が家は混まない時期に車で2つ隣の県のお墓参りに行きます。
いつものお墓参りと違うのは、千秋のことをご先祖様にお願いしました。

水子供養のことは悩みましたが、行いませんでした。
また千秋が来てくれる。そうでなくても、千秋が私達や次の子供を妬むとか、邪魔するとか、そんなことするわけないと夫婦で話し合い、この結論に達しました。
千春を妊娠した今でも、千明のエコー写真をよく見ます。
その写真でしか、いいこいいこって撫でることができません。
どんなに少しの間でも、私達の家族です。
水子供養をするか否かを悩む中、供養の方法は人それぞれでいいと思いました。

このあと赤ちゃんを産んでも、それが千秋でもそうでなくても、千秋への思いは忘れるはずがない。
私はいつか印刷が薄くなって消えてしまうエコー写真であっても、ずっといいこいいこ、ってこの先も撫でるんです。

広告を非表示にする