読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の中

私の妊娠経験を書いてます。「初めに」をご一読下さい。

考える時間(千秋③)

診断が下りた水曜日は、先生は「明後日、もう1度見てみましょう」と気遣ってくれました。

帰宅してからも調べましたが、木曜日はずーーーっと、スマホで検索、検索。
なんで私なの?15人という確率高いな、どうして友達は2人も産めたの?やっぱり、知らないだけで流産してたの?

(これは本当に喜ばしいことで、もう羨ましい!話ですが。この友達は流産死産を体験していないと思うのです。千春の妊娠が安定期を迎えた際に、産前に「お祝いの品」をプレゼントしようとしてくれました。流産や死産を経験してたらこの行為は遠慮するかと思います・・・。なので。
これだけは誤解を招きたくないのですが、彼女は紛れもなく命懸けで出産して、2人の子供を育てています。尊敬しないはずありません 。)

稽留流産 初期流産 確率
また泣いて、また調べて読んでは泣いた。
そんな単語のあとは、皆さんの体験談で知った「掻把手術」について調べました。
全身麻酔が中には効かないとか、途中で麻酔が切れたとか、ラミナリアが痛いとか、入院だとか、私には全く知識がなかった。
妊娠発覚後、すぐ買った初めてのた〇ひよなんていう、幸せいっぱいな雑誌には、手術のことを詳しくは載っていません。
千秋を亡くして、今度は激痛が待ってるわけ?
中にはとんでもない産院があって、中絶と間違われたような対応をされた、といった話は絶句しました・・・


もう、明日は手術の話になるに違いないと思い始めていたのです。また心拍が戻るのはありえない。
なぜか?1週間前から千秋の成長は止まっていたからです。諦めたのではない、認めました。
それは正しかったです・・・。