読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の中

私の妊娠経験を書いてます。「初めに」をご一読下さい。

妊娠中の環境と私のこと

なんでこんなことを書くのかということ。
流産等をして、自分を責めている方をたくさんネットでお見かけしました。
仕事のしすぎ、夫婦仲が嫌悪になったから、エトセトラ。
残酷なことなんですが、ストレス、という点においては
ストレスのない環境があってもですね、起こりました。
母体に問題なくても、流産も、両親の家にはない障害も。

ご存知の方も多いとは思います。
全ては確率。酷い言葉は、自然淘汰・て・・。
無情な言葉で、書いてて嫌になるし見てても嫌になる。

流産全体は妊娠の全体の15%(100人中15人)に起こる。
両側性多嚢胞異形成腎は0.1%(1000人中1人)。

高い。
しかも1回流産したら、2回目もあるかもしれない。15%は高い。
でも、千春の0.1%も、充分高いことをこの身に知らされました。

なんで私の子供が?私だけ?この疑問は消えません。



私は千秋を妊娠したとき、幸いにも仕事を辞めさせてもらえて、千春のときも仕事はしていませんでした。
専業主婦なのにだいぶ怠けて趣味と昼寝に没頭です。
ちなみに、なかなかストレスある職場で、辞めたら毎晩の歯ぎしりは治まりました・・・。

家は私の実家で、実父と主人の3人と猫が1匹います。
私の苗字は主人です。義母は車で5分少々のところに1人で暮らしています。
いわゆる干渉はなく、年に数回一緒に食事して、一人息子を私の実家で住むことになったというのに、優しい方です。

元々実家は二世帯住宅で、私が17歳の時に同居していた祖母と母を亡くしたため、父と2人っきりでした。親子の仲は良好。ありえないかもしれませんが、友人が少ない父と年に数回旅行に行きます。
(余談ですが、不倫と思われる方もいましたよ)

私が主人と付き合う頃に父の仕事の勤務形態が夜勤になりました。
その数年後に結婚しました。
最初はその頃に仕事を定年退職した義母が「うちにおいで」と仰ってくれたのですが
・二世帯住宅の作り+父は夜勤ですれ違いで会わない
・父↔主人 同居しても嫌じゃない
の話をしたら、納得してもらえました。

千秋を授かり専業主婦になると
朝主人を見送り昼すぎに父を見送り、夕方主人が帰宅して一緒に晩御飯を食べて、同じ寝室で眠る。
空いた時間は手抜きの家事(汗)と、趣味と昼寝。
ストレスなんて全くありませんでした。
書き忘れましたが、主人との関係も良好です。

・・・だからといって、15%は知っていたからその可能性はある。
でも、本当に私(赤ちゃん)が確率に当たるのか・・・って思います。

嫌になる。