読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の中

私の妊娠経験を書いてます。「初めに」をご一読下さい。

終わりに

この記事をもって、私の経験談であるブログは一旦お終いです。 コメント欄はあえて設けておりません。 今から全記事を見直して加筆修正をしようと思います。それでももし、傷つけるような表現があったらごめんなさい・・・。いつか千春と同じ疾患名の診断が下っ…

3月30日(千春⑯)

千春とさよならをして、もう1週間と3日経ちました。桜が満開で、見頃を迎えました。 季節は移ろいます。 私があの頃と変わったのは 感じていた胎動が無くなってしまったこと 妊娠関係の書籍や書類を見なくなったこと 妊娠中ほど栄養を気にしなくなったこと …

ラミナリア2(千春⑮)

前回の記事を書いた後、すぐに2回目のラミナリアの処置が行われました。 やっぱり痛い話です。 昨日と同様、まず処置のために器具を入れるわけですが、今日はそこから痛かった。 最初から最後まで違和感は一つもなく、ただ痛かった。 ラミナリアを抜くのも痛…

ラミナリアと睡眠薬(千春⑭)

寒いなかあの日きてくれたお義母さんは、入院のとき一緒にバスで産院に行くよ、と言ってくれました。 申し訳ないし、大丈夫ですよ、とお断りしたら 「姑らしいこと、させてちょうだい」って言われて、千秋のときもそうだけど、お義母さんの気持ちを私は考えて…

電話(千春⑬)

お風呂上り、父さんからLINEが来た。 「胎児ドック、どうなったの!?」 つらい話だよ、LINEは残るからつらいと思うと返信すると電話がかかってきました。 でも心は今でもおかしいのです。 空虚な、穴が開いたような感じが翌朝も続きました。 でも、父がかけて…

少しだけ

夫はどんな時も、わたしにだけはすごく優しい。 その本当の理由を今日知りました。 お義母さんがすごく優しいからでした。 お義母さんがすごく優しい人なのも、さっき知りました。共通することがあって、お父さんと夫と、お義母さんは口を揃えて同じことを言…

季節外れの寒さ

こんな寒くて雨もたくさん降ってるなか、「人工妊娠中絶同意書」なんかもらって帰ってきて お腹から追い出すためのお金おろしてきて、何なんだろう16週目の検診が気になったから 医院長先生に、「そのときの向きで腎臓が写らなければ分からないですよね」って、…

たぶん反動(千春⑫)

そろそろ夕飯用意するかな、という頃。 ずーっとスマホで人工死産のことを読む私に、主人が「ずっと悲しいお話を読んで、つらくない?」 何もする気の起こらない私は、ただひたすら似た経験をした人や、これから私が経験することを既にされた人の話を読むしか…

胎児ドックを終えて(千春⑪)

車の中で、主人も声をあげて泣きました。 帰ろうか、と言われて うん、と答えた。 他に何を話したんだろう。昨日のことなのに思い出せません。 また、昼時でした。今度はコンビニに行く気にもならない。 そしてこの時間は父が出勤する準備をするため、リビン…

中期胎児ドック2(千春⑩)

夫の顔は、いつ見たんだろう。 この診察室では見れませんでした。先生は、この子の妊娠、いま生きている命は今後がどの道でも苦しくて難しいことを仰りました。 そして、こんなことも。独り言にも聞こえるような言い方でした。これだけ腎臓が腫れてるなら、1…

中期胎児ドック(千春⑨)

内容は「千春①⑤」などに被るところがあります。 省いたことを書きました。スクリーニングという段階を飛ばして、お願いして受けさせてもらえたこの胎児ドック。 土曜日で、主人が休みでしたので2人でロビーで待っていました。呼ばれました。 いつもの内診室と…

検診のあと(千春⑧)

今日の検診が終ったら、大好きなスシローに行こう。 ちゃんと夜に、野菜いっぱい食べるからね、ぽんぽんちゃん。そんな気分は失せ、検診後はお昼どきでしたのでお腹はすいてましたが、何も食べたくない。 食べないは、無理。ぽんぽんちゃんに悪すぎる・・・。 …

20週目の検診(千春⑦)

土曜日は混むから、前回の1回を除いていつも付き添いなしで平日を選んでました。千春はまだ逆子でした。 この検診でも、「まだこの時期は気にしなくていいよ」と言われました。そして、思ってもみないことを言われました。 「順調に成長してる・・・けど、ちょっと…

20週目までの生活(千春⑥)

16週目の検診が終わり、私が落としていたアプリにも「安定期」の文字が表示されるようになった。 つわりもなくなった。 その代わり、初産にしては早いけど、15と16週にポコ!という小さな小さな胎動を2回だけ感じた。待ちに待った安定期です。 やっと義母と友…

違和感(千春⑤)

12週目の検診と16週目の検診の先生(A先生とします)は、この産院で初めて連続した同じ先生でした。 この産院は担当制ではありませんので、産科と婦人科と分かれている中で、更にその科で同じ先生になることは、初めてでした。 私は12週目の検診で、A先生に違…

風疹(千春④)

母子手帳を貰って初めての検診(12週目)で行われた血液検査の結果で激しく動揺して、また皆さんの体験談を励みにしたのでした。 そして結果として、先に書きますが検査結果はオールクリアであったことを申し上げておきます・・・。この日の検診・検査は初めて主…

妊娠12週までの話(千春③)

安定期までは同居している父と夫にだけ、妊娠したことを報告しました。 年末年始。お義母さんに言いたいのを我慢して一緒に食事しました。 妊娠6週で前回同様に心拍確認ができましたが、その次の検診で私は千秋の流産を告げられた。そのことを思い出すと、と…

2016年12月+名前

手術後の生理は来ました。 私達は子供が欲しかった。 流産後は子供ができやすいと聞きました。また千秋が来ることを願いました。いわゆる胎児ネームは「ぽんぽんちゃん」でした。 9月に私から出ていった子を千秋。 その半年後の桜が開花するこの季節に、また出…

手術後(千秋⑥)

だっこしたかったな 手術後の身体の回復は良好でした。 約ひと月後の生理がくることを祈りました。 仕事を辞めたので主人の扶養に入りましたが、年内は休んでていいよと主人が言ってくれました。 父も、ゆっくりしなと言ってくれました。 我が家は混まない時…

掻把手術当時(千秋⑤)

ありのままです。掻把手術の話です。朝、通常の診察より1時間前に時間指定されて産院に到着しました。 まだ夏が残った9月中旬の秋晴れでした。 そんなお日柄のなか、数時間後に千秋とは本当にバイバイです。 優しい看護師の方が受付から病室まで案内してくれ…

手術当日の朝までのこと(千秋④)

金曜日、水曜日とは違う先生が見てくれました。 はっきりいって、流れ作業。 言葉良くいえば、スピーディ? はい、1週間前に死んでるのはカルテにある、前回のエコーで分かってますから!と言わんばかりです。 このときの検査は千秋・千春で複数回あった経膣…

考える時間(千秋③)

診断が下りた水曜日は、先生は「明後日、もう1度見てみましょう」と気遣ってくれました。帰宅してからも調べましたが、木曜日はずーーーっと、スマホで検索、検索。 なんで私なの?15人という確率高いな、どうして友達は2人も産めたの?やっぱり、知らないだけ…

心の場所(ぐだぐだ)

突然ですが、私の心は、心臓の近くにある気がします。中には、脳だと言う方もいますね。 ドキッとしたり、ヒヤリとすると心臓そのものが感じているように感じます。 幸せな温かいポカポカした気持ち、モヤモヤと腹立つとき、そして今 すきま風が吹いてるよう…

稽留流産(千秋②)

このとき、インターネットのおかげで、こんなに悲しい思いをした人がこんなにも大勢いて驚きました。あふれるたくさんの支えの言葉、励まし前向きな気持ちにさせてくれて頂きました。だから、千秋もきっと忘れ物を取りにバイバイしてしまったのだろうと、思…

初めての妊娠(千秋①)

・27歳の8月下旬に妊娠発覚 ・妊娠6週目、心拍確認 →仕事を退職し、初孫を心待ちにしている義母に報告 ・妊娠8週目 →検診の順番待ちのとき。 友達が同じ産院の別棟で、無事に第二子を出産し、その報告メールを受けて「おめでとう!」と返信。 数分後、順番がき…

妊娠中の環境と私のこと

なんでこんなことを書くのかということ。 流産等をして、自分を責めている方をたくさんネットでお見かけしました。 仕事のしすぎ、夫婦仲が嫌悪になったから、エトセトラ。 残酷なことなんですが、ストレス、という点においては ストレスのない環境があって…

今の私2(千春②)

もう、「両側性多嚢胞性異形成腎」と検索しても、同じ体験した方の記事は見つかりません。少ないから。みんな、片側。 あっても幼児性とか、胎児のことではありませんでした。 あとは病院のガイドラインが出てきました。 「致死」 「片方が正常なら」 「多くは片側」…

今の私(千春①)

いま、このブログ開設をして記事を書いてる時期は 1人目の子供をちょうど半年前に稽留流産で亡くし、そして半年後(今)、2人目の子供を妊娠20週目で 「両側性多嚢胞性異形成腎」の診断が下った時です。 医者からはっきりと 「お腹の中でも今後生きていけない」 「…

初めに(ブログ開設理由)

私がこのブログを開設した理由妊娠において、辛かったときにネットの掲示板や、ブログでの体験談をたくさん読ませて頂きました。身近な人に、経験者がいないのです。 辛い日々を送るとき、常にネットで情報を集めるしかありませんでした。 その中で、同じ・…